毒草一覧次の花
トケイソウ


ツル性の常緑多年草で、花が終わったあとにできる果実がパッションフルーツですが、これも毒草となるのでしょうか・・・、お好きな方は一服ど〜ぞ.....。「受難(Passion)の花」とは、聖フランチェスコが夢に見た十字架上の花の意。MAO(モノアミン酸化酵素=脳内で増えすぎたモノアミンの効力をなくす物質) 阻害剤となるためご注意です。


毒草名  トケイソウ、パッシフローラ(Passiflora)、ジャノメソウ(蛇の目草)、Passion flower
学 名  Passiflora caerulea
特 性  トケイソウ科 トケイソウ属、奇抜なつる性常緑低木
花 期  6月〜10月
毒部位  全草
成 分  ハルマラ(Harmala)、パッションフローリン、サポナリン(Saponarin)、ビテキシン(Vitexin)
症 状  多幸感、幻覚、MAO阻害剤




パッシフローラ・インカルナータ(Passiflora Incarnata)



大葉時計草「パッシフローラ・アラタ(Passiflora Alata)」かなり大きい。


 

パッシフローラ・カエルレア (Passiflora Caerulea)



パッシフローラ・キトリナ (Passiflora Citrina)

  

  

  


つぼみいろいろ

  .



-------- 果物トケイソウ(Passiflora edulis SIMS.) --------


果物トケイソウの実。「パッションフルーツ」です。

花が開いたばかりのところです。まだちょと丸まっていますね。

ツルです。くるくる巻いています。

この高貴なお味は、好き嫌いがあると思う....。





実が順序よく出来上がっていく様子が見えます。




 

 

≪MEMO≫
・祇園祭の月鉾や太子山の欄緑金具には時計草の絵柄が用いられている。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS